抽選に当たった北京オリンピック開閉幕式のチケットの譲渡は慎重に。

オリンピック情報局

宝くじあたりは、北京オリンピック入場券あたりに如かず、当たった開閉幕式のチケットの譲渡は慎重に。

北京オリンピック入場券のくじびきに当たり、特にオリンピック開閉幕式入場券に当たったら、非常に幸運なことです。

オリンピック委員会が公開したデータにより、入場券を申請できた21人の中、一人だけ開幕式のチケットを手に入れた。また7人うちの一人は閉幕
式のチケットを獲得したのです。

北京オリンピック組織委員会の規定により、北京オリンピック開閉幕式の当選者の登録は実名制になっているのです。すべての当選者はすぐに個人写真を提供することを要求されて、しかも開閉幕式入場券の譲渡は一回のみ、そのうえ北京オリンピック組織委員会の認可を得なければならないことになっています。ですから、開閉幕式のチケットを当たった人は、購入代金を支払うことだけではなく、写真も用意しないといけないのです。それに対して普通の試合のチケットは複数の譲渡がOKです。



抽選に当たった北京オリンピック開閉幕式のチケットの譲渡は慎重に。 関連記事