「永遠の新天地」を展示する上海館が竣工

オリンピック情報局

上海館

テーマ:「永遠の新天地」

ハイライト:石庫門造型をメーン要素に

位置:Aゾーン

パビリオンの面積:600平方㍍

イベントウイーク:10月8日~12日

概要:
上海館は中国省区市館にあり、甘粛、新疆と青海館に近く、敷地面積が600平方メートル、高さが7メートルである。上海館は石庫門をメーン要素にし、デザインが簡潔で雰囲気に溢れ、外観が素朴だが、現代風が溢れ、上海という都市の活力、歴史と現代の融合、東西洋の融合の文化特徴を示す。外壁、待合エリアと内部展示という三つの空間からなり、より魅了するもので、融合的で、知恵を持つ上海を表現する。

上海館が「永遠の新天地」

上海館が「永遠の新天地」


転載元:http://jp.expo2010.cn/

[poll id=”2″]



「永遠の新天地」を展示する上海館が竣工 関連記事