ロンドンオリンピック・メインスタジアム

オリンピック情報局

2012年のロンドン五輪メインスタジアムはロンドン東部のStratfordに位置して、外形は上広く下狭いため、”ロンドンの椀”と呼ばれて、8万人を受容可能な計算となり、2層分別して、上層は55000個の臨時座席で、2012年ロンドン五輪と2012年の夏季パラリンピックが終わると、すぐに取り除くことにあって、ただ25000個の定席を使い残して、中型コミュニティ体育場となる。
ロンドン五輪メインスタジアム
本場所は北辺の陸地を除いて、他の3辺は環水で、芝居が体育の島と称される。

屋根以外、設計者は1種の紡織品を使って日除けを作り、紡織品上にモザイクやオリンピックに関連するイメージを描いている。

そして2012年ロンドン五輪と2012年の夏季パラリンピックが終了後に、日除けはすぐに抜き、バッグに作り直して売却される予定である。



ロンドンオリンピック・メインスタジアム 関連記事