オリンピックトーチの歴史

オリンピック情報局

オリンピックのトーチは国際オリンピック委員会の認可を経って、オリンピック聖火燃焼のものに用いて、手で持つトーチである。

オリンピックのトーチはオリンピック聖火を乗るもので、1936年の第11回のオリンピックから始め、それぞれの国がオリンピックを主催するときに、その国家の文化特色を表しながら、ハイテクなトーチを作られる。

以下は近年オリンピックと冬オリンピックのトーチイメージである。

2004年アテネ 2000年シドニー 1996年アトランタ
2006年トリノ 2002年トソルレイクシティー 1998年長野


オリンピックトーチの歴史 関連記事