北京にある世界遺産‐天壇

オリンピック情報局

転載元:http://en.beijing2008.cn/

総面積は273ヘクタールであり、明永楽十八年の(1420年)に造られた。

その後、明王朝と清王朝の皇帝たちの改築を経って、今の雄大で壮麗な姿を現している。

天壇

天の壇は明と清の2世代の皇帝が「祭天」、「祈穀」のために使われた場で、その地域構造は北側が円形を呈して、南側は方形としている。

天が丸、地がローカルという当時が考えられている地球そのものの形を表している。

この明王朝と清王朝に建築に使われる技術をよく運用されて、設された天の壇は、中国古典建築物の中の珍しいものでありながら、世界上に最も大きい祭天のため作られた建築物である。

そのため、天の壇は1998に世界遺産に名を記録するされた。



北京にある世界遺産‐天壇 関連記事








ロンドンオリンピック (2012年ロンドン五輪‎)の最新ニュース – オリンピック情報局
ロンドンオリンピック (2012年ロンドン五輪‎)の最新ニュース – オリンピック情報局

ロンドンオリンピックを見に行く?

View Results

Loading ... Loading ...

携帯版

当サイトは PC と同じURLでケータイでもご覧頂けます。

オリンピック情報局モバイル

URL:http://www.our-olympics.com/
アドレスをケータイに送信する

相互リンク

このページのトップ