世界一の男子シングル桃田賢斗選手、PCR検査で陽性、日本バドミントン協会がタイ派遣取りやめ

世界一の男子シングルス選手、桃田賢斗選手が成田空港で新型コロナウイルスの検査を受け、陽性と判断され、12日から始まるタイオープ​​ンから日本バドミントン協会が撤退した。

日本のバドミントンチームは3日、東京の成田空港からタイに向けて出発し、バンコクで開催されるタイオープ​​ンに参加する準備をしていると報じられています。驚いたことに、彼は新型コロナウイルス検査で陽性と診断されました。そしてその前夜、桃田賢斗選手が日本国立訓練センターに他の出場者と集まったところだった。

画像ソース:インターネット

チームメイトは皆緊密な関係にあるため、日本バドミントン協会はタイオープ​​ンからの撤退を発表しました。

桃田賢斗選手は「運命は大きい」と言え、2016年のリオオリンピックの前夜、世界第2位にランクインし、リオオリンピック優勝のお気に入りだったが、ギャンブル事件で代表チームから追放された。 1年間禁止されています。幸いなことに、桃田賢斗選手は諦めず、2017年に大会に復帰し、好成績を収めました。

2018年と2019年のシーズンでは、桃田賢斗選手は男子シングルスの分野で確固たる足場を築き、2回連続の世界選手権で優勝し、日本史上初となりました。しかし、2020年のマレーシアマスターズ以降、桃田賢斗選手は空港に向かう途中で重大な自動車事故に見舞われ、その場で運転手が死亡し、桃田賢斗選手は眼の怪我を負ったが、大きな問題ではなかった。しかし、彼は3月のオールイングランドの試合を逃し、タイトルを逃しました。

もともと、オールイングランドトーナメント後のワールドバドミントントーナメントの中断とオリンピックの延期は、桃田賢斗選手に回復のチャンスを与えました。彼はまた、最近の全日本選手権で正式にゲームに戻り、チャンピオンシップを獲得しました。しかし今、新型コロナウイルスは、桃田賢斗選手が前進するのを妨げています。

新型コロナウイルスの流行の影響を受けるのは日本チームだけでなく、マレーシア国立バドミントンチームのコーチングディレクターであるウォンチュンハン(データマップ)も PCR検査で陽性を示し、CCTVの報道によると、マレーシアバドミントン協会は、1月3日の初めに、マレーシア国立バドミントンチームのディレクターであるHuang Zonghanがチームをバンコクで開催されるタイオープ​​ンに導くことができないと判断したと述べた声明を発表しました。

声明は、黄ゾンハンは関連する規制に従って自己隔離されており、マレーシア国立バドミントンアカデミーも規制に従って消毒されると述べた。 他の39人のコーチとチームメンバーはテストで陰性であり、関連する政府機関との協議の後、計画通り4日にタイに出場します。

おすすめ