2020東京オリンピックエンブレム

東京2020オリンピックのエンブレムは、2015年7月24日に東京首都ビル前の広場で行われた式典で、東京オリンピック組織委員会と東京首都政府によって発表されました。同時に、パラリンピックのエンブレムが発表されました。 会場やスポンサーの広告は、オリンピックの勢いを生み出しました。
どちらのエンブレムも、多様性を表すために黒を使用し、心拍を表すために赤い円形パターンを使用しており、デザインはシンプルで人目を引くものです。 オリンピックのエンブレムは、「東京」全体を象徴する「T」の文字です。 パラリンピックゲームのエンブレムは、平等を意味する垂直の等しい記号です。
エンブレムは104作品の中から選ばれ、デザイナーはアートディレクターを務めた佐野健二郎(42歳)。
2015年9月1日、東京オリンピック組織委員会は、2020年東京オリンピックのエンブレムデザインを廃止する決定を正式に発表しました。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの新しいエンブレムは、2016年4月25日北京時間の午後に発表されました。4人のファイナリストから「チェッカーパターン」が選ばれました。

東京オリンピックエンブレム

おすすめ