東京オリンピックを主催する日本政府と国際オリンピック委員会の決意は変わっていない

IOCのYuZaiqing副会長は、8日の新華通信社とのインタビューで、日本政府とIOCが東京オリンピックを予定通り開催するという決意は変わっていないと述べた。

画像ソース:インターネット

IOCのメンバーであるディック・パウンドは、その日のBBC(British Broadcasting Corporation)とのインタビューで、新型コロナの流行の影響により、東京オリンピックが今年の夏に予定どおりに開催できるかどうかわからないと述べた。 「部屋にいる象として、(コロナウイルス)ウイルスが復活しているので、よくわかりません。」78歳のパウンドは言った。

これに対し、Yu Zaiqing氏は、「日本政府と国際オリンピック委員会(東京オリンピックを予定通り開催する)の決意は変わっていない」と述べ、正確な情報を提供する必要があると述べた。

日本の菅義英首相は7日、東京とその周辺の3つの郡が1か月の緊急事態に陥ったことを発表し、東京オリンピックを主催するという日本政府の決意は変わらないことを繰り返した。東京オリンピック組織委員会も8日、東京とその周辺3郡が緊急事態を宣言したものの、東京オリンピックの準備は「真剣に進んで」おり、夏に予定通り開催されるとの声明を発表した。

国際オリンピック委員会は8日、東京が緊急事態に突入したとの声明を発表し、東京オリンピックの円滑な開催に再び自信を示した。声明は、「国際オリンピック委員会は、日本と彼らが講じた疫病予防策に完全な自信を持っている。日本のパートナーと協力して、2020年夏のオリンピックとパラリンピックの開催に向けた準備に引き続き注力していく。 。」

2020年夏に開催される予定だった東京オリンピックは、この流行の影響を受けて、2021年7月23日から8月8日まで延期された。

おすすめ