中国の女子バレーボールチームが漳州で「仕事に復帰」し、東京オリンピックに向けて全力疾走するために40日間トレーニングを行う

春節の休暇の直後、中国の女子バレーボールチームは仕事の再開を先導しました。中国女子バレーボールチームの公式ニュースによると、チームは18日、福建省の漳州トレーニングベースで2021年の2回目のトレーニングセッションを正式に開始しました。このトレーニングキャンプは40日間続き、20人のプレーヤーが参加していると理解されています。

中国の女子バレーボールチームが漳州で今年の2回目のトレーニングセッションを開始しました

今年の中国女子バレーボールチームの最初のトレーニングセッションは北京で開始され、1月上旬から2月10日まで続きました。トレーニングキャンプの後、チーム全員が7日間の春節の休日に入ります。コーチングスタッフは、この機会を利用して、プレーヤーが家に帰って家族に同行し、緊張した準備の雰囲気を調整し、次のステージの基礎を築くことを望んでいます。トレーニングの。

春節の休日を終えた中国の女子バレーボール選手は、太陰暦の最初の月の6日目(2月17日)から、福建省漳州の訓練基地に駆けつけました。張常寧、Ni Feifan、Wang Mengjie、Yang Hanyu、Wang Yuanyuanなどが、漳州基地に到着した最初のチームメンバーになりました。朱婷、龔翔宇、劉曉通、郎平監督も到着した。中国の女子バレーボールチームが漳州基地にトレーニングのために来たのもこれで47回目です。

中国女子バレーボールチームの公式ソーシャルメディアによると、このトレーニングセッションでは、前期間の北京トレーニングセッションの19人のリストよりも1人多い合計20人の選手を募集しました。具体的なリストはまだありません。発表される。さらに、トレーニングは40日間続き、3月末まで続きます。

昨日から、2021年の中国女子バレーボールチームの第2フェーズが正式に開始され、東京オリンピックの準備もスプリント段階に入った。以前の新華社通信のインタビューで、ラング・ピン監督は春節の間に選手たちがリハビリと特定の体力トレーニングを受けたと述べました。休日後のトレーニングの焦点の1つは上肢の強さを高めることでした。遭遇した困難展開の対象です。

おすすめ